2007年11月14日

誰にとって良いのか

2e02e088.bmp野田町のモデルハウスも
順調に仕上がってきて、
毎日完成が待ち遠しくて
ワクワクしています。
月末にプレ、
来月頭にグランドオープン
ってな計画です。

大手であれば、莫大な広告費を投入し、
名目は広告費ではなくとも、
広告効果を目的としたその他の活動も加え、
一体モノ(家)の値段の内訳(原価構成)は
どうなっているだろうか・・・
そう思えるモデルオープンも珍しくないはずです。
信じられないほどの割合を広告費が占めているでしょうけど。

ウチのような会社は、とてもそんな使い方はできませんが、
自社の存在を知っていただくことはとても重要で、
ましてや今回の新規事業ともなればなおさらです。
結果、「頭を使って、できるだけお金を使わない」
ように広告宣伝をしていかなければならないのです。

んで、今日はその告知の折込チラシの内容を
かなりハマって思案していました。
あーでもないこーでもないと
今から出会うであろう、まだ見たことないお客様を想像して。

世の中に、「全ての人にとって最高のもの」はありません。
できるだけ広い範囲に受け入れられるもの、
別の言葉で言えばツブシがきくものを汎用といいます。
でも、それは、一人ひとりにとって最適のものではありません。
そして、逆に誰かにとって最高のものが、
他の誰かにとっては、全く受け入れられない場合もあります。
それは量産型ザクとシャア専用ザクの違いみたいなもの。
(ガンダムファンの私は我ながら最高に納得)
TOWAに居る頃からよくこのことは感じていましたね。
何かを選択することは、
それ以外の何かを省いたり
消したり
否定すると言っても過言ではないってことです。
何をするか、何をしないかをハッキリ決めて
選択と集中をすること、それが戦略です。

チラシをつくっているといつもこの辺りを再確認します。
もちろん今回のW断熱・自然素材というキーワードが
誰にとっても最高のものだとは思っていません。(少し思ってますが)笑
しかし、私達と価値観を共有していただける方にとって、
他社に変え難い、最高のものにしたいという気持は溢れるほど持っています。
この延岡で自然素材のシンプルで飽きのこないデザインと
基本性能の高い家

Simple Natural Basic

この言葉にピンときたら今後のTOWA styleを要チェックです。


towa1666 at 20:28│Comments(0)TrackBack(0) 想い 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔